【苦手克服なら】進研ゼミの個別カリキュラム >> 資料請求はこちら <<

恥ずかしいけど発言したい!授業中に手を挙げる方法は?

当ページのリンクには広告が含まれています。

授業中に手を挙げて発言することは、恥ずかしいと感じる人もいるようです。

この記事では、今まで挙手ができなかった人でも積極的になれる「授業中に手を挙げる方法」をいくつかご紹介していきます。

タップできる目次

授業中に手を挙げる方法①教科書ガイドを活用

そもそも授業中に手を挙げるのが恥ずかしいと思ってしまう原因の一つには、「間違えたら恥ずかしい」という気持ちがあります。

勇気を出して発言したものの、答えが違ったら嫌だな……

そう思う人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、教科書ガイドを活用することです。

教科書ガイドは、教科書の問題の答えや解説がまとめられた参考書。

これが教科書ガイド

著:あすとろ出版
¥2,530 (2024/05/26 09:37時点 | Amazon調べ)

各教科書には、基本的に教科書ガイドというものが存在するのです。

街の大きな書店やAmazonなどの通販サイトで購入できますよ。

>>Amazonで教科書ガイドを検索

例えば数学の授業で問題の答えを書く、言うといったときには、事前に教科書ガイドで答えが合っているかを確認すれば間違えることはありません。

教科書ガイドを使えば、答え合わせが自分でできるため、自信を持って手を挙げることができるでしょう。

授業中に手を挙げる方法②隣の人と答え合わせをしておく

check

授業で許されている場合に限られますが、例えばみんなの前で答えを発表する前に、隣の人と答え合わせをしておくのもおすすめです。

事前に答えが合っていそうかを確認することができますよね。

また、万が一答えが間違っていた場合も、隣の人も間違っていれば自分だけができなかったわけではないという安心感にもつながります。

ちょっと恥ずかしい場合は、「違ったね~」なんて一言くらい隣の人とお話もできますよね。

授業中に手を挙げる方法③挙手を生活に取り入れる

今日は授業中に手を挙げよう!と意気込んだものの、結局手を挙げずに一日が終わってしまうこともあるでしょう。

そもそも普段手を挙げないと、挙手の動作をするだけで緊張が高まってしまうものです。

そこでおすすめしたいのが、挙手を生活に取り入れること。

例えば家でお母さんに何か聞きたいことがあるときや、言いたいことがあるときに挙手をするようにします。

生活の中で自然に挙手をする回数を増やすと、だんだん緊張せずに手を挙げることができるようになりますよ。

授業で手を挙げることができないという人は、塾や習い事、部活動、家庭学習などで機会があれば積極的に挙手をしてみるのも良いでしょう。

授業中で手を挙げることは恥ずかしいのは、最初のうちだけ。

一度慣れてしまえば、自然と手を挙げられるようになりますよ。

授業中に手を挙げる方法④授業の予習をしっかりとしておく

授業内で手を挙げるというと、基本的に何か問題を解いて、その答えを言うときが多いですよね。

手を挙げるのが怖いと感じる人は、答えが間違っていたらどうしよう……という不安が大きいのではないでしょうか。

そのため、極力答えを間違わないように勉強するというのも一つの解決方法です。

特に授業では、決められた教科書やワークを使うことがほとんどなので、予習はしやすいですよね。

しっかりと予習をしておき、自信を持って答えられるように準備をしておくことも大切です。

\ 今すぐチェック! /

\ 今すぐチェック! /

授業中に手を挙げる方法⑤正解が決まっていない問題を狙う

freedom

手を挙げて発言した際に、絶対に間違えたくない!という人もいますよね。

そんな人におすすめなのは、「正解が決まっていない問題を狙う」ということです。

例えば、教科書やワークの問題を解いて答えを発表する際には、必ず答えがあって「正解」か「不正解」に分類されます。

一方で、正解が決まっていない問題であれば、間違えることはありません。

そのため、自由な答えで良さそうな問いかけのみ挙手をしてみるというのもおすすめです。

また、国語や英語で音読などのチャンスがあれば、これも狙い目。

読むだけなら、つっかえてしまうことがあっても間違えてしまうことは基本的にありません。

授業で手を挙げるのが恥ずかしいという人は、まず難易度の低い問題や問いかけからチャレンジしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次